【カナガンはおすすめ】ドッグフードの基本知識|Service Provider

ドッグフード選びは難しい

ペットが家族の一員として認められるようになってきた現代では、ドッグフードにも沢山の種類が販売されるようになりました。一体どんなドッグフードがいいのでしょう?調べてみました!

ドッグフードの徹底比較!

ドライタイプ

安価なものも多く、歯ごたえがあります。顎や歯を鍛えるのに適しています。また、歯垢の除去も期待できます。賞味期限も長いのが特徴です。ものによっては食べがよくないことがあるので、ワンちゃんの様子をよく見てあげましょう。

ウエットタイプ

ニオイが強いので、ワンちゃんが勢いよく食べてくれます。価格はドライタイプに比べて高く、添加物も多いですが、老犬や体力が低下していても食べられるのがメリットです。歯垢が付きやすいので小まめにチェックしてあげましょう。

犬の健康は食事から

ドッグフード

愛犬といられる時間は約10年ほどです。少しでも長生きして欲しいというのが飼い主たちの願いですよね。犬の健康は人間と同じく食事から考えていきましょう。そのためにもドッグフードは健康に良いものを選んであげてくださいね。まずは添加物についてです。無添加のものを選ぶのがおすすめですよ。ドッグフードにある主な添加物には酸化防止剤や着色料、甘味料があります。酸化防止剤は保存料であり、発がん性が確認されています。人間に使用するのは禁止されているものです。それなのに愛するワンちゃんに与えるのはおかしいですよね?なるべく酸化防止剤は含まれていないものを選んでくださいね。また、着色料には様々な種類がありますが、中での亜硝酸ナトリウムは避けましょう。酸化防止剤と同じく発がん性が確認されています。また、甘味料には犬の食付きがよくなるものです。本来犬に必要な栄養では無いので、長期的にとってしまうと身体によくありません。まったく入っていないものは難しいかもしれませんがなるべく控えたい添加物です。

新鮮な材料のものを

ドッグフードの中には新鮮な材料を使用しているものがありますのでおすすめです。なぜなら、ドッグフードだからと言って人には到底出せないような野菜等を使っているドッグフードもあるからです。製造元のホームページや口コミを参考にして、新鮮な材料を使っているドッグフードを選びましょう。

グレインフリーとは?

グレインとは穀物類のことをいい、グレインフリーとは穀物類使用されていないもののことです。犬は元々肉食動物なので、穀物は必要ない栄養です。それどころか、消化不良を起こしてしまう危険性があります。そうなってしまうと肥満や糖尿病等のリスクも高まるのでおすすめできません。安いドッグフードとなると、量や大きさのかさ増しのために穀物類が使われます。なので、穀物類が入っていないものはワンちゃんのことを考えているドッグフードであると言えます。カナガンは無添加のドッグフードで安心ですよ。

広告募集中